2017年12月19日 10:23 pm

「癒し道」vol.1 未経験からはじまって・・・

技術を手に入れる「だれでもはじめてのこと」

私は学生時代は「バイオテクノロジー」といって生命工学の勉強をしていました。

どこか「命」というものに興味があったのだと振り返ります。今も医者系ドラマはついつい見てしまいます(笑)

最初の就活では、大手の臨床研究員に内定していたにも関わらず、運命のいたずらか「美容部員」に結局就職しました。人が苦手な私にとって、なぜそんな選択をしたのかは今も疑問です。

当時はマインドも弱く、数字へのプレッシャーで毎日胃痛に悩まされていました。

店販からはじまり、訪販と経験を重ね、化粧品業界で約10年。美容と健康について経験を積みました。

営業インストラクターとして、現場の方々と共に走り、教育者として「おもてなし」をはじめとする「心づかい」を学び、ある会社との出会いが私の人生を変えるターニングポイントになりました。

この世界には長くいますが、化粧品も技術も元々は好きではなかったのです。

私が魅了されたのは、「そこに集まる女性の強さ、女性の無限の可能性」

ですから、当時はフェイシャルも不得意でよく先輩にものさしで手をたたかれていました((笑)

今はトレーナーになれましたけど・・・

やがて、お顔のお悩みを追求していくと体を整えることの重要性を無視することはできず、30歳からエステ業界に入りました。

似たような世界でありながら、全く異なる業界に戸惑ったことを覚えています。

ここでも、最初は立つことさえができませんでした。

全く異なる客層にマナーの厳しさと「独立採算制」の厳しさ、店長としての役割の厳しさを知りました。

いつ逃げ出そうかと、そのことばかり考えていました。

キャリアの長い部下に囲まれ、数字の責任の重圧につぶれそうになりながらも私を変えたのは「仲間」

仲間を守りたい、今できることを精一杯やるしかないと腹をくくってから開花しました!!

多くの悩みを抱えた方々とお会いしながら、さらに「人生の学びをさせて頂いている」ことにいつしか気づき始めました。

現場を経験し、教育部として人材育成に関わり40歳でサロンコンサルタントとして独立し、今は、健康という1つのテーマをもった直営店の現場に立ちながら、多くの学びをお客様から頂いています。

まだまだ私の描いている夢にはほど遠いです。

私は「女性の人生のパートナーになる」というのが生涯かけてやりたいことだから・・・

美容業界に入り、すでに28年目を迎えますが、「セラピストという癒し道の道のり」は、まだまだ始まったばかりです。

生涯学び続ける、天井のない世界。

学歴も年齢も関係なく、自分次第で変われる世界。

それが私の選んだ「癒し道」のタイムラインです。

あなたが「癒し道」を選ぶ、選んだ理由は何ですか?

まずは1dayセミナーからはじめてみませんか?

 

更新は毎月1日となります。イレギュラー更新もお楽しみに!!

 

 

Categorised in:

This post was written by TCP

Comments are closed here.